So-net無料ブログ作成

お稽古のその後 [琵琶について]

4月に先生に1年半ぶりにお稽古をしてもらい、
今はそのときの録音を頼りに練習しています。
お手本があるって、なんてありがたいことか!!
何度も聞きなおして先生の真似をしています。
自分だけだと、なんとなく変だとかわかるけど
全く違う表現方法をみつけることはできないので、どうしても行き詰ってしまいます。
ただ次のお稽古にいつ行けるか、全く目途がたっていません。
一度のお稽古を半年も1年も聞いて練習しても先へ進めないし
先生が指摘してくださったところは、特に気になるところ。
ここをクリアすれば、もっと他にも細かいところでなおすところはたくさんあるはず。
次のお稽古に行けば、またたくさん直すポイントを教えていただけるはず。
カラオケで練習できるだけでもありがたかったのですが
お稽古に行くと、やはりお稽古ももう少し、と欲がでてしまいます。
次のステップへは子供の成長と夫の寛容さがポイントです笑
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 2

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

あまり深く考えずに、先生の指摘を忠実に熟し練習なさってはいかがでしょうか。

と言うのも、私自身、職業柄日頃熟練技術を積んだ職人さんと過ごすことが多いせいか、とある日、急に若い職人さんが急成長していることを見るのですけど、何故かと聞いてみると、その原因みな自身でもわかってなくて、どうやら日頃教えられたとおりやってきた結果、知らず知らずの内のインスピレーションを得て変わってしまったようなのです。

そんなことから、考え込むよりも一つ一つに打ち込み、それを会得してゆくこと、それが大切なのでは思っています。


by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2017-06-15 21:37) 

moriyoko

老年蛇銘多親父様
お言葉ありがとうございますm(_ _)m
おっしゃる通りです。先生は本当にいつも正しくて
最初は理解できないことも
やっていくうちに、こういうことだったのか
とわかることがあります。
本当はお話しの職人さんように日頃から師匠と過ごす、私の場合定期的にお稽古に行く
ということができればいいのですが、
なかなかできないのが、しょうがないと思いつつも
少しもどかしくもあります。
今は3か月に1回はお稽古に行く
という目標?に向かって、すきま時間での練習と
家族の理解を得られるように
頑張っていきたいと思います。

by moriyoko (2017-06-16 12:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0